ネットの誹謗中傷監視サービスカタログ

ネットの誹謗中傷監視サービスカタログ

被害を防ぐ・最小限に食い止めるための誹謗中傷監視サービスガイド

いま求められているネットの誹謗中傷監視サービス

SNSや掲示板、自社運営サイトにおける、誹謗中傷の監視サービスを提供している企業をリサーチしました。

近年注目を集めているネットの風評対策ですが、それぞれに得意分野があります。会社リストをつくりましたので、自社が直面している課題にあわせて確認してみてください。

誹謗中傷の監視サービス提供会社リスト

ここで紹介している会社は、監視・検閲サービスにおいて実績豊富なところばかりです。各社の特徴などをチェックしてみましょう

No.1 イー・ガーディアン

イー・ガーディアンのサイト画像

監視サービスの詳細へ

特徴 独自開発システムで監視
各種サイトの誹謗中傷・風評対策を実施
カスタマーサポート業務も評判
所在地 東京都港区麻布十番1-2-3
情報管理体制 ISO27001
 

No.2 ガイアックス(コミュニティパトロール)

コミュニティパトロールのサイト画像

監視サービスの詳細へ

特徴 誹謗中傷だけではなく、ポジティブな声を収集するサービス有り
サイト内掲示板の監視サービスも提供
ソーシャルメディア活用の環境づくりに
所在地 東京都品川区西五反田1-21-8
情報管理体制 Pマーク
 

No.3 ジールコミュニケーションズ

特徴 専門スタッフが目視で監視
豊富な導入実績をもっている
会社名 ジールコミュニケーションズ
http://www.zeal-security.jp/
所在地 東京都港区芝5-9-8
情報管理体制 記載なし
 

No.4 シエンプレ

特徴 各種SNS、ブログ、2chの誹謗中傷に対応
攻撃対象になりやすい芸能関係の顧客が多い
会社名 シエンプレ
http://www.siemple.jp/
所在地 東京都中央区京橋2-5-17
情報管理体制 記載なし
 

企業がネット上で晒されているリスクとは…

いま求められているネットの誹謗中傷監視サービスインターネットでは、誰でも自由に情報発信できます。企業が自社の商品やサービスをアピールできる反面、悪意をもつユーザーによって、次のような情報が流される可能性があります

  • 商品・サービスへの誹謗中傷
  • 事実無根の噂やデマ・虚偽情報
  • (元)従業員による不適切な画像流出
  • 企業内の情報漏洩

これらの情報が一度でもネット上にアップされてしまうと、ことの真偽は別にして瞬く間に広まってしまいます。そして、ほぼ確実に一定数の人が誤った情報を鵜呑みにして、信頼低下や売上の減少、従業員の離職や内定者の辞退といった事態を招くおそれがあるのです。

被害を事前に防止、あるいは最小限で食い止めるための有効手段が、SNSや運営サイトの検閲・監視サービスです。企業の危機管理として、誹謗中傷にかんする監視・対策サービスの利用は必須といえるでしょう。

リサーチした監視サービス会社

今回サイトにまとめた内容は、私が独自に調査した情報です。気になるところがありましたら、まずは相談をしてみることをお勧めします。

イー・ガーディアン http://www.e-guardian.co.jp/
ガイアックス http://monitor.community-patrol.jp/
ジールコミュニケーションズ http://www.zeal-security.jp/
シエンプレ http://www.siemple.jp/
ネットの誹謗中傷の監視サービス提供業者をリサーチ

いま、企業はネット(SNSや掲示板、ブログなど)で大きなリスクに晒されています。自社商品・サービスのアピールが自由にできる反面、悪意をもつユーザーによって、誹謗中傷や事実無根の噂、不適切な画像流出、情報漏洩などのおそれがあるのです。1度ネットにアップされると、事実であろうがなかろうが一定数の人がその情報を鵜呑みにして、企業の信用低下・売上減少につながります。このような被害を防いだり、最低限に抑えるための検閲・監視サービス会社をリサーチしました。