ネットの誹謗中傷監視サービスカタログ

被害を防ぐ・最小限に食い止めるための誹謗中傷監視サービスガイド

コミュニティパトロール

誹謗中傷監視サービスのコミュニティパトロールを運営する、ガイアックス社について調べました。システムの特徴や会社概要をまとめています。

誹謗中傷監視サービスのガイアックス社、その特色とは?

ガイアックス(コミュニティパトロール)は、1999年設立。ソーシャルメディアの構築や運営、ソーシャルアプリ関連の幅広い業務を行なっている会社です。

同社は前述の通り、ソーシャルメディアやアプリに関する事業を幅広く手がけている会社。例えば店舗/ECサイトの集客や商品PRにブログを活用したり、子どもが健全にソーシャルメディアを活用できる環境づくりのサポート、ソーシャルアプリの運用支援といった業務をカバーしています。

ポジティブな声も集計できる

ガイアックス(コミュニティパトロール)のサイト画像ガイアックスが提供する誹謗中傷監視サービスが「コミュニティパトロール」です。各種SNS、Facebook、各種の掲示板、口コミ・レビューサイト、さらには依頼者企業のサイト内掲示板についてのモニタリング(場合によっては目視監視)を行い、対応が必要な投稿をいち早く発見し連絡。素早い対応を行うことが可能としています。

誹謗中傷監視とは逆に、自社の製品やサービスに関する評価や要望などのポジティブな声を集計して今後に役立てたいという要望には「ソーシャルリスニング」というサービスも用意されています。

こちらの場合も各種SNS、Facebook、各種の掲示板、口コミ・レビューサイトなどの投稿をモニタリングし、該当する声を集計して報告するというものです。

以上の通り、ガイアックスはソーシャルメディアに関する業務に精通しており、そのサービスの質は高いものと見受けられます。主要取引先にも知名度の高い大手企業が名を連ねている点もポイントが高いと言えるでしょう。

会社概要

会社名 株式会社ガイアックス(コミュニティパトロール)
所在地 東京都品川区西五反田1-21-8 KSS五反田ビル
設立/資本金 1999年/729,685,600円
従業員数 196名
情報管理体制 Pマーク
ネットの誹謗中傷の監視サービス提供業者をリサーチ

いま、企業はネット(SNSや掲示板、ブログなど)で大きなリスクに晒されています。自社商品・サービスのアピールが自由にできる反面、悪意をもつユーザーによって、誹謗中傷や事実無根の噂、不適切な画像流出、情報漏洩などのおそれがあるのです。1度ネットにアップされると、事実であろうがなかろうが一定数の人がその情報を鵜呑みにして、企業の信用低下・売上減少につながります。このような被害を防いだり、最低限に抑えるための検閲・監視サービス会社をリサーチしました。