ネットの誹謗中傷監視サービスカタログ

被害を防ぐ・最小限に食い止めるための誹謗中傷監視サービスガイド

エルテス

大手企業からも依頼を受けている、誹謗中傷監視サービスのエルテスを調査。サービス概要や同社の考え方について情報を集めました。

誹謗中傷監視サービス、エルテスの実力はいかに?

エルテスは2003年に創業。従業員数は60名と事業規模は決して大きくはありませんが、マツダ自動車やサントリー、第一三共、東京メトロポリタンテレビといった大手企業が名を連ねています。

また、NHKや大手全国紙、経済専門誌などにも度々取り上げられているとのこと。こうしたことから、サービスの質や顧客満足度の高さがうかがえます。

専門システム・スタッフによる監視サービス

エルテスのサイト画像具体的にエルテスのサービスについて見ていきましょう。同社では誹謗中傷監視サービスを「WEBリスクマネジメント」と呼称しています。

エルテスでは、WEBにまつわるリスクとして次の2点を挙げています。

  1. 「倫理に欠けた誹謗中傷や根も葉もない風評が書き込まれることを防ぐことは不可能」
  2. 「真偽不明や事実無根の誹謗中傷や風評を、鵜呑みにしてしまう層が一定の割合で存在する」

これらの原則を踏まえた上で、対策を講じることが、現実的な対処方としています。

その手段として、エルテスでは専用システムと専門スタッフの目視の双方により、Twitter、facebook、ブログなどの監視を実施。通常はそうした判別データを依頼者のもとに日報として送付されます。

ひと度、危険な兆候が見られた場合は緊急連絡とともに、専門家が沈静化までをサポーするとしています。

以上の通り、エルテスではネット上のリスクを的確に分析して対策を講じることに長けていると見受けられます。具体的な沈静化の方法については、企業秘密のためか記載はありませんが、それでも同社の「WEBリスクマネジメント」は、効果に大きな期待が持てそうです。

会社概要

会社名 株式会社エルテス
所在地 東京都港区新橋5-14-10 新橋スクエアビル5F
設立/資本金 2003年/9,755万円
従業員数 60名
情報管理体制 記載なし
ネットの誹謗中傷の監視サービス提供業者をリサーチ

いま、企業はネット(SNSや掲示板、ブログなど)で大きなリスクに晒されています。自社商品・サービスのアピールが自由にできる反面、悪意をもつユーザーによって、誹謗中傷や事実無根の噂、不適切な画像流出、情報漏洩などのおそれがあるのです。1度ネットにアップされると、事実であろうがなかろうが一定数の人がその情報を鵜呑みにして、企業の信用低下・売上減少につながります。このような被害を防いだり、最低限に抑えるための検閲・監視サービス会社をリサーチしました。