ネットの誹謗中傷監視サービスカタログ

被害を防ぐ・最小限に食い止めるための誹謗中傷監視サービスガイド

ジールコミュニケーションズ

ジールコミュニケーションズが提供する、誹謗中傷監視サービス・風評被害対策を調べました。5000社を超える分析実績の実力とは?

誹謗中傷監視サービス・風評被害対策のジールコミュニケーションズ

ジールコミュニケーションズは2008年に設立。Web・モバイル・スマートフォンサイトの構築や、それらを活用したプロモーション戦略といった事業も手がけています。

メインとなっているのは、誹謗中傷監視サービス・風評被害対策サービスのようです。実績面では、過去4年間で5,000社の分析を手がけたとしており、実績例としても実名は伏せられていますが、結婚式場や住宅リフォーム会社、アパレル、人材派遣業者などのケースが紹介されています。

目視監視による徹底チェック

ジールコミュニケーションズのサイト画像ジールコミュニケーションズの誹謗中傷監視サービス・風評被害対策サービスは、システムに頼らず、風評被害対策に精通した専門スタッフが直接目視によって行うとしており、システムで見落とされがちな悪評なども見逃さないとアピールしています。

その上で、誹謗中傷や風評に対する対応として、2chであればスレッドを強制的に格納したり、ミラーサイトやブログなどであれば表示不能にできると訴求されています。

さすがに具体的な手法については企業秘密にあたるためか記載されていませんが、実績や事例なども鑑みると、独自の方法により手腕を発揮しているものと見受けられます。

一方、ツイッターやフェイスブック、SNSや口コミ・レビューサイトなどに対する記載は特に見当たりませんでした。

以上の通り、ジールコミュニケーションズにはスタッフによる目視での監視や、2chとそのミラーサイト、ブログなどへの対応力に強みがあると言えそうです。反面、ツイッターやフェイスブック、SNSや口コミ・レビューサイトなどに関しては実力は未知数という感じです。

会社概要

会社名 株式会社ジールコミュニケーションズ
所在地 東京都港区芝5-9-8 吉橋芝ビル
設立/資本金 2008年/2,275万円
従業員数 40名
情報管理体制 記載なし
ネットの誹謗中傷の監視サービス提供業者をリサーチ

いま、企業はネット(SNSや掲示板、ブログなど)で大きなリスクに晒されています。自社商品・サービスのアピールが自由にできる反面、悪意をもつユーザーによって、誹謗中傷や事実無根の噂、不適切な画像流出、情報漏洩などのおそれがあるのです。1度ネットにアップされると、事実であろうがなかろうが一定数の人がその情報を鵜呑みにして、企業の信用低下・売上減少につながります。このような被害を防いだり、最低限に抑えるための検閲・監視サービス会社をリサーチしました。