ネットの誹謗中傷監視サービスカタログ

被害を防ぐ・最小限に食い止めるための誹謗中傷監視サービスガイド

HOME » 対象サイト別にみる投稿監視サービス導入事例

対象サイト別にみる投稿監視サービス導入事例

投稿監視サービスの導入事例を、対象となるサイトそれぞれの特性なども検証しながら紹介しています。

投稿監視サービス・2chとフェイスブックではどう違う?

投稿監視サービス・2chとフェイスブックではどう違う?ネット上にあふれる投稿サイトには様々な種類があり、それぞれに特性があります。どこも同じと括ってよいものではありません。

例えば、2ch(2ちゃんねる)は完全匿名性ゆえに、誹謗中傷や罵詈雑言が集まりやすい傾向があります。

一方、フェイスブックは原則実名登録のため、根も葉もない悪評は集まりにくいと思いがちですが、成りすましによって誹謗中傷を行う手口も横行している現実があります。

投稿監視サービスを利用するにあたっては、こうした監視する対象のサイトに関する特性や効果的な対応策にも、ある程度知識を持っておくことが賢明です。

サービス会社への相談がよりスムーズに行え、対策の立案もより効果的に行えるはずです。

もうひとつ「元SEが教えるネット風評監視サービス会社の選び方」のページでも述べています通り、監視サービス会社のなかには、いわゆる悪徳業者も少なからず存在します。

そうした業者による被害に遭わないためにも、利用者サイドが事前にある程度の知識を得ておくことは重要です。ぜひご一読の上、各投稿サイトの特性や事例についての知識を深めていただければと思います。

ネットの誹謗中傷の監視サービス提供業者をリサーチ

いま、企業はネット(SNSや掲示板、ブログなど)で大きなリスクに晒されています。自社商品・サービスのアピールが自由にできる反面、悪意をもつユーザーによって、誹謗中傷や事実無根の噂、不適切な画像流出、情報漏洩などのおそれがあるのです。1度ネットにアップされると、事実であろうがなかろうが一定数の人がその情報を鵜呑みにして、企業の信用低下・売上減少につながります。このような被害を防いだり、最低限に抑えるための検閲・監視サービス会社をリサーチしました。