ネットの誹謗中傷監視サービスカタログ

被害を防ぐ・最小限に食い止めるための誹謗中傷監視サービスガイド

2ch(2ちゃんねる)

完全匿名性という特性から、誹謗中傷が集まりやすい2ch(2ちゃんねる)。企業がとるべき具体的な対策方法と事例を紹介しています。

2ch(2ちゃんねる)の誹謗中傷にはどう対策する?

2ch(2ちゃんねる)の誹謗中傷にはどう対策する?2chに書き込まれた誹謗中傷を削除することは、かなりの労力とリスクを伴います。実績やノウハウがある専門企業に依頼し、対策や削除に尽力してもらうことが賢明といえるでしょう。

ご存じの通り、2chは膨大なスレッドを擁する巨大な匿名掲示板であり、数多の誹謗中傷が書き込まれているという現実があります。その影響力も決して小さくなく、風評被害や企業イメージ・信用・売上の低下といった事態を招くおそれもあります。

さらに厄介なことに、2chでは削除依頼も掲示板上で公開されます。郵送や電話、メールによる削除依頼は一切受けていないのです。

安直に削除依頼をしようものなら、いわいる炎上や祭り状態になるやもしれません。それゆえに、2ch対策にはノウハウがある投稿監視サービス会社の協力が不可欠といえるでしょう。

具体的な対策方法

専門企業がやるのは、中傷的な文言や画像、動画などを徹底的に監視。依頼者の要望に応じて、分析や分類を実施します。その上で、各社独自のノウハウにより、2chならびにいわゆるまとめサイト(記事)の削除を行います。

【2ch対策の導入事例⇒大手食品メーカーの場合】

このメーカーでは、炎上のきっかけとなるような書き込みをいち早く察知することを重視しました。逆に、メーカーの食品がマズイといった書き込みは注目せず、会社そのものに対する批判コメントのみに絞って情報収集を依頼しています。

前日から当日昼までのデータを、広報部・お客様相談室・リスクマネジメント部が連携して情報共有。危険性の高い書き込みに関しては、削除依頼などの対策を提携先の投稿監視サービス会社に依頼しているとのことです。

2chの誹謗中傷対策では、その道のプロの協力が不可欠です。慎重かつ的確な対応策を、投稿監視サービス会社と共に練り上げて実践すべきです。

ネットの誹謗中傷の監視サービス提供業者をリサーチ

いま、企業はネット(SNSや掲示板、ブログなど)で大きなリスクに晒されています。自社商品・サービスのアピールが自由にできる反面、悪意をもつユーザーによって、誹謗中傷や事実無根の噂、不適切な画像流出、情報漏洩などのおそれがあるのです。1度ネットにアップされると、事実であろうがなかろうが一定数の人がその情報を鵜呑みにして、企業の信用低下・売上減少につながります。このような被害を防いだり、最低限に抑えるための検閲・監視サービス会社をリサーチしました。