ネットの誹謗中傷監視サービスカタログ

被害を防ぐ・最小限に食い止めるための誹謗中傷監視サービスガイド

Q&Aサイト・掲示板

Q&Aサイトや掲示板、ファンサイト監視を依頼することの意義や投稿監視サービスの導入事例について解説しています。

Q&Aサイトや掲示板・ファンサイト監視その意義とは?

商品購入やサービス利用をするとき、口コミや評判などを検索するのはお馴染みの手法です。

また、「Yahoo知恵袋」や「教えて!Goo」、「OK Wave」などのQ&Aサイトや掲示板、さらには有志が立ち上げ運営しているファンサイトなども多数存在しています。これらのサイトには、悪意のある誹謗中傷や根も葉もない悪評が書き込まれるケースも多々あるのが現実。

そうした悪意ある書き込みの信憑性を判断できる人ばかりであれば、目くじら立てることもありません。ですが、恣意的な書き込みを鵜呑みにしてしまう人も少なくありません。友達からの紹介というカタチをとっているSNSほどではありませんが、Q&Aサイトに書き込まれた悪評は、一定の信憑性をもって広まってしまうものです。

サイトのなかで広まった意見というのは、製品の売上に影響を与えかねません。Q&Aサイトや掲示板、ファンサイト監視もまた、専門業者へ相談することが大切です。

Q&Aサイト対策の導入事例⇒大手メーカーの場合】

このメーカーでは、自社製品に対する情報収集はあまり重視しておらず、風評被害の防止に重きを置いているとのこと。

製品に関する評判などは別のソースを活用し、投稿監視サービス会社には会社そのものへ誹謗中傷に特化して依頼。日次でこうした情報を収集し、危機管理部門が一括して管理するしくみとしているそうです。

ネットの誹謗中傷の監視サービス提供業者をリサーチ

いま、企業はネット(SNSや掲示板、ブログなど)で大きなリスクに晒されています。自社商品・サービスのアピールが自由にできる反面、悪意をもつユーザーによって、誹謗中傷や事実無根の噂、不適切な画像流出、情報漏洩などのおそれがあるのです。1度ネットにアップされると、事実であろうがなかろうが一定数の人がその情報を鵜呑みにして、企業の信用低下・売上減少につながります。このような被害を防いだり、最低限に抑えるための検閲・監視サービス会社をリサーチしました。