ネットの誹謗中傷監視サービスカタログ

被害を防ぐ・最小限に食い止めるための誹謗中傷監視サービスガイド

twitter(ツイッター)

利用ユーザーの増加で炎上が発生しやすくなっているtwitter(ツイッター)。もし誹謗中傷が広まってしまったら…?その対策方法を調べました。

ツイッターの誹謗中傷はどう対策すべきか?

ツイッター上の誹謗中傷はどう対策すべきか?ここ数年で急速に広まり、利用者が増加し続けているツイッター。その特徴は、全世界の人が利用しているという点でしょう。

ツイッターは、仲間同士での利用や人との繋がりを目的としているメディアでもあります。そのため、1度誹謗中傷の類が話題になると、真偽に関係なく事実として広まってしまうおそれがあります。

一方で、誹謗中傷だけではなく、企業(メーカー)が真摯に受け止めるべき意見や要望も含まれることも覚えておきましょう。ツイッターの投稿監視には、風評被害の拡散防止という目的のみならず、事業戦略やブランド展開といったものにも役立てることができるのです。

例えば、自社の商品やサービスに関する利用者の生の声をすべて抽出したり、特定の意見だけを抽出する。あるいは、海外での評判や意見を知ることも視野に入れることができます。

具体的な対策方法

ツイッター上の誹謗中傷や悪評に対しては、専門業者が徹底的に監視し、依頼者の要望に応じてデータの分析を実施します。各社独自のノウハウによって、投稿自体を削除するよう働きかけてもらえます。

【ツイッター対策の導入事例⇒大手金融機関の場合】

この金融機関では、顧客からのクレームや改善要望といったテーマでの情報収集と並行して、漏洩に関する監視にも重点を置いています。

いわゆる内部リークがないかどうか、もしあった場合はダメージや混乱を最小限に食い止めるという方針で、監視サービス会社の協力を仰いでいるとのこと。

この点が抑止力的な効果を発揮しているようで、大きな問題は発生していないとのことです。

twitter(ツイッター)は、性質としては2chほど悪質なものは少ない傾向ではあるものの、1度発信された誹謗中傷が信憑性(その真偽は別にして)を持って広まってしまう性質があります。

そうした事態を未然に防止、あるいは被害を最小限にするためにも、投稿監視サービス会社との連携が望ましいといえるでしょう。

ネットの誹謗中傷の監視サービス提供業者をリサーチ

いま、企業はネット(SNSや掲示板、ブログなど)で大きなリスクに晒されています。自社商品・サービスのアピールが自由にできる反面、悪意をもつユーザーによって、誹謗中傷や事実無根の噂、不適切な画像流出、情報漏洩などのおそれがあるのです。1度ネットにアップされると、事実であろうがなかろうが一定数の人がその情報を鵜呑みにして、企業の信用低下・売上減少につながります。このような被害を防いだり、最低限に抑えるための検閲・監視サービス会社をリサーチしました。